時間を遡る:阿里山林業鉄道伐採列車の再現

2021/02/26

阿里山林業鉄道は1912年に開通して、森林を開発するために敷設した産業鉄道です。しかし、1963年に森林開発することを廃止したので、阿里山林業鉄道は産業鉄道から観光鉄道に変わりました。台湾の森林生態を維持して、健康な森林を育てるため、林務局嘉義森林管理処は阿里山での「水山線」に沿って数ヶ月間に間伐しました。そして、伐採された木は阿里山林業鉄道の蒸気機関車で運ばれました。これは、百年前の阿里山林業鉄道伐採列車の景色を再現しました。



 

写真

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
最終更新日時:2022-05-24
リストへ