日本の登山鉄道

大井川鉄道

 

大井川鉄道

 
リンク:大井川鉄道公式ウェブサイト
 
  • 1986年1月24日に姉妹鉄道協定を締結しました。
  • 大井川鐵道は静岡県の大井川に沿って建設されて鉄道であり、名前の由来になっています。当初はダムと発電設備に必要な資材を運送するため建設されましたが、その後は付近山間部の木材運送に使用され、民営の観光鉄道として発展しました。鉄道は全体で本線(金谷-千頭)と井川線(千頭-井川)に分かれ、全長は合計65kmに達しました。
  • 本キャンペーンの対象区間は本線の「新金谷-千頭」の区間、合計37kmとなります。日本の有名なSL蒸気機関車が路線を走行し、沿線は常に蒸気機関車が走行してノスタルジックな雰囲気が漂っています。静岡茶園を往来すると、乗客は車内で車掌がハーモニカを吹いて、懐かしの曲を鼻歌で歌います。同時に車窓から茶畑の風景をお楽しみになれます。車両特有の木材の温度の中で、ゆりかごのように乗客が揺れながら進んでいく姿に、人々は時間が逆戻りしたような錯覚を覚えます。これは日本ではおなじみの風情あふれる鉄道の旅です。
  • 大井川鐵道本線が千頭駅まで走行後、日本でも珍しいのラック式登山列車で有名な全長25.5km、日本の鉄道の最大級の上り勾配9%の井川線に乗り換えることができます。千頭駅付近の他に、千頭SL資料館を見学することができます。館内には大井川鐵道の様々な歴史的な写真と鉄道の模型があり、また、阿里山森林鉄路と提携して友情を表している展示物も数多く保存されており、阿里山森林鉄路と全く変わらない絆に、人々は感動を覚えます。
  • 参考運賃:本線「新金谷-千頭」の片道普通列車で大人1,720円、子供860円となります。

黒部峡谷鉄道

 
黒部峡谷鉄道
 
リンク:黒部峡谷鉄道公式ウェブサイト
 
  • 2013年4月20日、姉妹鉄道協定を締結しました。
  • 黒部峡谷鉄道は富山県を走り、阿里山森林鉄路同様762mmのナローゲージを採用した登山鉄道です。鉄道は海抜224mの宇奈月駅から、海抜599mの欅平駅まで、全線合計20.1kmです。元々は工事用物資と工事作業員の専用鉄道であり、日本最大の峡谷內を迂回し、景色が美しいこともあって、一般の乗客にも開放し景色が明るく開放的であるため、観光客も乗車するようになりました。そのため、黒部峡谷の秘境の景色は本当に素晴らしく、ますます知名度が高まっています。1971年に親会社である関西電力グループによって鉄道子会社が設立され、鉄道運営を全面的に担当しています。
  • 現在まで、黒部峡谷のトロッコ電車は今でも日本の国内観光客に人気のある秘境電車のツアーです。宇奈月駅から欅平駅までの1時間20分の旅では、山々に囲まれた美しい景色を体験したり、峡谷の間の大自然の壮大さと、彫刻のよな壮大な景色は本当に忘れられません。
  • 普通車両はオープンタイプの車両で、外観は国内の太平山ブレーキのようで、直接大自然に接触することができますが、山岳地帯に位置しているため、7月や8月ような一番暑い時期も、乗車すると非常に涼しく感じます。そこで、乗客は特別列車とリラックス列車を選ぶことができ、体感的に寒く感じるときは体が冷たいと感じるとき、風邪を防ぐために窓を閉めることができます。
  • 運賃参考金額:「宇奈月-欅平」の片道普通列車で大人1,710円、子供860円となります。

添付資料をダウンロード

File name Format
黒部峡谷鉄道路図 jpg
jpg ファイル大きさ:202KB ダウンロードの回数:89
大井川鉄道路図 jpg
jpg ファイル大きさ:122KB ダウンロードの回数:74
TOP