林業鉄路と文化資産管理処について

仕事内容

一、阿里山林業鉄路と文化資産の調査、まとめ、教育、研究、PR、保存と活用。
二、阿里山林業鉄路と文化資産の評価、統合と再発展。
三、阿里山林業鉄路国内外観光事務の計画、輔導、宣伝、マーケティングと推進。
四、阿里山林業鉄路と文化資産の国際的な提携と交流。
五、阿里山林業文化パーク、阿里山林業鉄路とその沿線各駅の関連施設の管理とメンテナス。
六、阿里山林業鉄路客貨物運輸経営、付属事業管理と関連営業施設の提案、 設計、調查と実行。
七、阿里山林業鐵路の運転、車両派遣、駅の場所きめとその調整及び関連運輸設備、安全の提案、設計と実行。
八、阿里山林業鉄路の橋、トンネル、線路、工程、建築などの管理の提案、設計と実行。
九、阿里山林業鐵路動力車、客貨車運用計画、車両設備、電信、照明、 信号、電力、電務施設の提案、、設計及び実行。
十、その他阿里山林業鉄路と文化資産に関する管理事項。

位置と管理面積

管理エリアは台湾の南西部にあり、中央山脈南部西側、嘉義、南投などの地方を越え、嘉義市から嘉義県竹崎郷を通り、阿里山郷までです。途中は南投県信義郷を通り、線路の長さは71.4キロメーターである。

管理エリアの分布

管理エリアの分布は嘉義林業文化パークから阿里山国森林レジャーゾーンまでです。
嘉義林業文化公園から阿里山国家森林遊楽区

森林分布

本処森林エリアの標高高さの差が激しく、熱帯から、亜熱帯、寒帯まで、垂直の森林帯になり、そして広葉樹、針広混交林と針葉樹林などの様相になる。針葉樹林主な樹種は紅ヒノキ、台湾杉、柳杉とその他の松がある。広葉樹は薄葉楠木、櫧櫟がメンです。

気候状況地

台湾亜熱帯気候帯の中央にある、平地標高40メーターから台湾の一番高い山3952メーターの玉山までです。高さが激しく、気温は高さが上がるとともに低くなり、熱帯、亜熱帯、温帯、寒帯の四つの気候帯になる。年平均降水量は3000mmぐらい、五月から九月までは雨季であり、10月から翌年四月までは乾季である。

 

気候状況地

TOP