嘉義製材所

1914年に完成し、日本占領下に日本政府が占領した最も広大な木材産業公園でした。当時ヨーロッパとアメリカで最も先進的な施設と技術でした。阿里山の伐採丘から木材を保管し、木材を「木材」に加工する責任がありました。 重要なタスク。 現在、材料産業は稼働していませんが、多くの歴史的建造物や遺跡、かつては杉の池だった広大な緑地が保存されており、嘉義市では珍しい文化的で静かなフィールドです。

嘉義製材所の歴史

  • 製材工場

    製材工場

  • 動力室

    動力室

  • 乾燥室

    乾燥室

  • 嘉義製材所

    嘉義製材所

  1. 明治32年(1899年)、阿里山の豊富な森林資源が日本人によって発見され、明治39年(1906年)、大阪の民間合名会社である藤田組が経営しましたが、資金繰りが悪化したため、明治43年(1910年)に国有化され、官営の伐採事業となりました。嘉義製材工場の設立は、阿里山林場開発の礎となりました。
  2. 大正元年(1912年)5月に伐採事業が始まり、12月には阿里山-嘉義間の鉄道が完成しました。大正2年(1913年)には原木が阿里山から運ばれ、大正3年(1914年)12月、貯木場と嘉義製材工場が完成しました。工場内には製材工場の他に、動力室、鋸屑室、乾燥室が設置されていました。阿里山林場の伐採した木の製材事業も、嘉義の木材産業を支える礎となりました。
  3. 阿里山林場は民国52年(1963年)に伐採を停止し、嘉義市内に100年近くの歴史を誇る北門駅、営林倶楽部、林場宿舍、嘉義製材所等林業に関する文化財が残りました。民国98年(2009年)より歴史的建造物の「保存、復旧、再利用」が行われるようになりました。

建物の特徴

  1. 嘉義市政府は民国91年(2002年)、残されている嘉義製材所の製材工場、事務所、動力室、鋸屑室、乾燥室を「竹材工芸品加工工場歴史建築」に指定することを発表しました。
  2. 各建造物の林業成長における役割、利用形態によって、今後のスペースの発展構想を想定しました。各建造物の詳細は以下のとおりです。

歴史的建造物

フルフォームを見る

名称 特徴 構造
機具工場 第2世代の製材工場には、輸送、製材、目立て所、木屑集中所などのエリアに分かれており、地下電力システムと製材機械ベースは、日本統治時代における最先端の自動製材設備でした。 北側の外壁のつけ柱、南側の広い面積の窓、中央の窓の上付けれらに空気吸入窓、そして大きな梁間の構造は、20世紀初頭に残された産業文化財なのです。 木造
動力室 嘉義市初のSRC鉄筋コンクリート造りの建物は火力発電所として使用され、当時は主に製材所向けに電力供給が行われていました。 イギリス製の蒸気ボイラー、アメリカ製の発電機などの設備が整っており、2009年には、47点のタイワンベニヒノキを材料とした木彫り作品をを展示するの展示館として生まれ変わりました。 RC構造
事務所 壁には主に下見板と漆喰壁が使用され、壁の大部分が窓で占められていました。内部には日本統治時代の様々な大きさのオイル缶が保管されています。 木造
乾燥室 屋根の四角い煙突、室内のラーメン構造やスパンドレル、壁の通気口、底部の泥土が台湾でわずかのコンクリートを利用した乾燥室です。熱気を循環させて木材乾燥させます。 RC構造
排煙道
(2014年新設)
動力室の排煙設備については、両者の間にレンガ造りの煙道が連結し、動力室で燃料を燃やすと排出される排煙が煙道を通って煙突から排出されます。高さは12メートルで、1964年の白河大地震で損壊しまましたが、その一部分が遺構として残されています。 レンガ造り
鋸屑室 搬送路は動力室斜め方向に接続され、木屑を燃焼することで発電し、柱は中央に向かって傾斜した上部2枚の傾斜板を支えます。建物下の四隅には壁はありません。 RC構造
加熱室
(2014年新設)
東側の立面は4つの屋根がつながって出来ています。屋根の両側には煙突が立ち、屋根下部の両側には水槽が設置されています。 木造
木材倉庫
(2014 年新設)
扉の上には格子窓があり、木造のルーフトラスを採用しています。 木造
玉山二村の建物4棟
(2014 年新設)
玄関、台所、廊下、押仕入れ、納戸、縁側などがある独特な空間です。 木造

非歴史的建造物

フルフォームを見る

名称 特徴 構造
繊維工場 1965年、労働教育の第二教育センターとして建設され、1969年には竹工芸品加工工場として使用されました。採光性に優れた大きな窓を取り入れた、縦25メートル、横9.3メートルの長方形の建物です。 木造
守衛室 庇が放射状に広がり、窓は横につながっており、180度展望することができます。 木造

基本情報

住所

嘉義市東区林森西路4番

メールアドレス
afrch@forest.gov.tw
管轄ユニット

林務局阿里山林業鉄道と文化遺産管理処

開館時間

屋外スペース:森の歌は一日中オープンします。 屋内公園:ガイド付きツアー

標高

31 m

面積

13.64 ha

予約ガイド
+886-5-2779843 #240
TOP