各館舍の特徴

入口年輪広場

入口は三本のタイワンベニヒノキの原木が高く直立しているイメージで、居心地の良い「年輪広場」となっています。タイワンベニヒノキは阿里山に生息していたものが風で倒れて運ばれてからここに再度植え替えています。これは、「森」の生命力をあらわし、阿里山の神木をイメージしています。広場には樹齢約600年の原木を横に切断した年輪があり、樹木成長の生命周期、延々と続く林業の発展と無限の力が現れています。
 

入口年輪広場
 

景観水池区

  1. 「檜意森活村」の建物は構造によって異なり、「一戶建て」、「二戶建て」、「四戶連棟」など型式に分かれます。
  2. 檜意森活村の歴史的建造物修復プロジェクトでは、空間機能と屋外空間の見直し、直径20cm以上の古木の保存、緑豊かで美しい景観の改善が行われました。新たに計画された景観水池は緊急防火機能を備えています。
景観水池区
 

T19営林倶楽部

  1. 日本統治時代に営林機関所が建設され、林業職員の休憩や交流に利用されました。日本の明治維新における西洋化運動のために、ヨーロッパの建築用語は建築において広く使用されました。 1998年に市定古跡として登録されました。
  2. 森林鉄道沿いには、塔塔加から嘉義市まで営林倶楽部が10か所があり、現在も残りの営林倶楽部の保存状況が良く、特別な建築様式は既存の有形林業文化の中でも一際異彩を放っています。
  3. 光復後、さまざまな用途で利用されてきました。1945年、林務局職員の子供たちの「忠孝幼稚園」として利用され、その後、一時的に林務局の講堂や杉の売却場所として利用されました。1984年、嘉義県調査站は臨時事務所として借用しました。1987年、森林局は独身寮に用途を変更しました。現在は、T24所長宿舎およびT25林業歴史博物館とともに外部委託契約に含まれており、公共の展示スペースとして公共での利用が可能です。
営林倶楽部
 

T24所長宿舍

  1. 運営会社が必ず設置する3つの公共展示ホールの1つです。不定期で各テーマを展示を行います。
  2. 1910年に台湾総督府直属の阿里山作業所が設置され、その傘下に嘉義出張所が設置されました。1916年には総督府営林局嘉義出張所に変更し、1920年に総督府殖産局営林所嘉義出張所に改組され、本棟は嘉義出張所所長の邸宅となりました。
  3. 構造、面積などは檜意森活村内で最大規模を誇り、出入口には正面玄関と副玄関、勝手口(廚房入口)があります。正面玄関には精巧な作りのキッチンキャビネット(靴箱)、蛇腹式天井があります。8畳の座敷(リビングルーム)には、2畳の床の間に分かれて、襖で区切られた8畳間となり、会議や宴会の際にスペースの柔軟に変更することができます。
  4. 屋根瓦は、日本式宿舎では一般的な黒瓦とは異なり、赤のセメント瓦でできており、色のついたセメント瓦は第一次大戦時に、日本人が中国青島市のドイツ風の建築を模したもので、当時は高級な建材でした。
所長宿舍
 

T23眠月廬

  1. 「一戸建て」構造であり、文献によると、研究では所長に次ぐ人物に割り当てられたのではないかといわれています。
  2. 破損が深刻なため、歴史的建造物には加えられず、林業文化の完全な保存に基づき、修繕費用を獲得して、「元の材料、元の工法」による改修後、歴史的建造物として登録申請されました。
  3. 再建の際、瓦が深刻な損傷を受けており、元の屋根瓦の数は十分ではなかったため、製造業者は低い市場需要のために金型生産を開始するつもりはありませんでした。そのため、嘉義市付近で「新しい瓦を古い瓦から交換する」方式で、再建に必要な数量を補う必要がありました。
  4. 阿里山に位置する眠月会は阿里山地域のヒノキが集まる場所でしたが、河合鈰太郎は人の手によって森林が伐採されていることを嘆いて有名な詩を残しました。そのためこの建物を眠月廬と名付けました。
  5. 何千もの貴重な林業に関する蔵書とマルチメディア資料を集めた多目的閲覧室として、内部のスペースは芸術家がスタジオとして使用したり、阿里山林業、文化、生態、森林鉄路に関係する講座の開講や、嘉義林業に関する展示場、手作りの教室などにも使用されています。
眠月廬
 

T25林業歴史博物館

  1. 運営会社が必ず設置する3つの公共展示ホールの1つです。不定期で各テーマを展示を行います。
  2. 棟札がまだ保管されていたため、建築時期は1944年であることがわかっています。当時、阿里山を含む台湾の林業生産は台湾拓殖株式会社に移管されたため、本棟は体制上は「社宅」となっていますが、 公務員が宿泊できる「官舎」と「社宅」は他で見られることがない特徴です。
林業歴史博物館
TOP