奮起湖車庫

奮起湖車庫は阿里山列車が山を登った途中に一番重要な休憩とメンテの場所です。昔は山登りと山下りの蒸気列車はここで水あるいは石炭を補充し、蒸気機関車を取り替えてから、運行し続ける。普段列車が奮起湖車庫で火を起こして、発車を待ちます。民国74年くらい、使用停止し、古い蒸気機関車の展示場になり、18番と29番蒸気機関車が陳列され、列車の古い写真が展示されています。

基本情報

住所

嘉義県竹崎鄉中和村奮起湖168番之1,駅の隣

メールアドレス
afrch@forest.gov.tw
管轄ユニット

林務局阿里山林業鉄道と文化遺産管理処

開館時間

終日営業

標高

1403 m

面積

0.09 ha

予約ガイド
いや
TOP