機関車の歴史

1950年

当時の貨物列車は、「車掌」が前方の平台車両に座って、前方のレールの安全を確認し、適時ブレーキ操作を行いました。

1950年、当時の貨物列車は、「車掌」が前方の平台車両に座って、前方のレールの安全を確認し、適時ブレーキ操作を行いました。

1953年

初めて三菱製25トンディーゼル機関車を導入し、嘉義-竹崎間の平地で使用されました。

1953年、初めて三菱製25トンディーゼル機関車を導入し、嘉義-竹崎間の平地で使用されました。

1953年

1953年、4. 7トンの内燃機関車が塔山、自忠など林場支線で使用されました。

1953年、4. 7トンの内燃機関車が塔山、自忠など林場支線で使用されました。 

1955年

三菱製25トンのディーゼル機関車を購入しました。嘉義~奮起湖区間の平地および低海抜区間で使用されました。民国60年(1971年)代後半に廃止されました。

1955年、三菱製25トンのディーゼル機関車を購入しました。嘉義~奮起湖区間の平地および低海抜区間で使用されました。民国60年(1971年)代後半に廃止されました。 

1968年

貨物列車が阿里山駅に保管されました。貨物列車では、車掌が列車の端に座り路線状況を点検し、機関車前方で牽引を行いました。
 
1968年、貨物列車が阿里山駅に保管されました。貨物列車では、車掌が列車の端に座り路線状況を点検し、機関車前方で牽引を行いました。

1983年

前方が貨物列車、後方が旅客列車の混合列車が神木駅に保管されました。前方の貨物列車は車掌車の機能も備わっており、車掌が路線の状況を点検するために使用されました。
 
1983年、前方が貨物列車、後方が旅客列車の混合列車が神木駅に保管されました。前方の貨物列車は車掌車の機能も備わっており、車掌が路線の状況を点検するために使用されました。

31号、32号蒸気機関車が奮起湖駅の車庫に保管されました。
 
31号、32号蒸気機関車が奮起湖駅の車庫に保管されました。

TOP