阿里山林業鉄道トンネル42号の再建は1月8日(2021年)に始まりました

2021/01/08

阿里山林業鉄道は、1月8日にトンネル42号の再建の起工式を開催しました。林務局林澔貞副局長、王美惠立委、嘉義県翁章梁県長、林鐵及び文資處黃妙修處長、嘉義県阿里山鄉杜力泉鄉長杜力泉、嘉義林區管理処鄭鈞謄秘書、鄒族特富野社汪義福頭目などが集まり、この歴史的な瞬間を目撃しました。

トンネル42号の再建プロジェクトは、自然生態学と環境の持続可能性を尊重する原則を採用しています。 新しいトンネルは、地質掘削の結果に基づいて、高強度の岩石を通過し、既存の露天掘りトンネルと橋を置き換えて、トンネルNo. 43を接続し、地すべり地域を回避します。 この作業では、既存の道路を使用して、安全性と自然保護を考慮に入れるという複数の目標を達成します。 建設により生成された土や岩は、段階的に既存の保管場所に埋め戻されます。 その後、空気、騒音、交通の影響を避けるために、敷地内に原生草地が復元されます。 完成後、元の42号トンネルは、環境、歴史、文化の重要性を伝える教育スポットとして保存されます。
 

写真

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
最終更新日時:2022-05-24
リストへ