2021年は阿里山林業鉄道を乗って過去や未来へ旅しよう

2021/01/06

2021年の第1期と第2期、阿里山林業鉄道は新しいテーマ列車を開始しました。「林鉄に夢を見つけよう」というテーマは1月から3月に、「林鉄に昔を懐古しよう」は4月から6月に運行されます。 これらのツアーは、毎月第1、第3、第5水曜日に開催されます(1月6日と2月17日を除く)。

第1期の「林鉄に夢を見つけよう」の価格は2,249TWD(往復チケット、地元の軽食、切手、お土産、ガイドを含む)で、第2期の「林鉄に昔を懐古しよう」の価格は2,499 TWDで(往復チケット、食事、お土産、ガイドを含む)。各列車の最大収容人数は100人に制限されています。 オンライン予約のみです。すべてのツアーは、出発日の15日前の午前10時に予約できます。 詳細については、AFRの公式ウェブサイト(関連するリンクの有効期限が切れています)またはFBファンページを確認できます。

第1期のテーマ「林鉄に夢を見つけよう」は、樟脳寮駅、奮起湖駅、水社寮駅、交力坪駅に停車し、180度のカーブ、独立山站ループを体験できます。 奮起湖駅では、森や古い通りのある周辺の小道を散歩することができます。 水社寮駅では、乗客は将来のために手紙を書いて交力坪駅に郵送することができます。 手紙は2年後に指定された住所に送られます。

第2期のテーマ「林鉄に昔を懐古しよう」は、竹崎駅、奮起湖駅、多林駅、北門駅など、各駅に停車します。 お客様には記念碑として指定されている最も美しい竹崎駅を訪れ、デルタ線がどのように利用されるかを学ぶことができます。 奮起湖駅を通過すると、乗客はプラットフォームで伝統的なお弁当を楽しむことができます。 それで、童話のような多林駅と赤いヒノキで建てられた北門駅を訪ねます。
プロのガイドと一緒に阿里山林業鉄道のテーマ列車に参加することで、お客様は林業鉄道の100年歴史と登山鉄道の特定の技術を理解することができます。 最初の列車は1月6日の午前10時に予約可能です。
 

写真

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
最終更新日時:2022-07-06
リストへ