「林鉄と恋しよう」テーマ列車 10人以上のグールプは事前にFAXで予約することができる

2020/09/12

2020年10月から12月まで、阿里山林業鉄道は毎週の水曜日に「林鉄と恋しよう」というテーマ列車ツアを始めます。ツアの費用は、往復チケット(嘉義駅〜十字路駅)、昼食、DIY、お土産、ツアーガイドを含め、NT $ 1,099です。各列車の最大容量は100人に制限されています。
 
このツアは、テーマ列車を乗るしか見られないプライベートアトラクションの第3展望台に短時間停車します。ここからは嘉義台南平野と樟腦寮駅を一望できます。お客様は地元の食材を使った伝統的な料理を食べるし、地元のマスターに台湾伝統的なおもちゃを学ぶこともできます。そして、引退した機関車や客車が多数展示されている嘉義車庫を訪れる機会もあります。最後は、嘉義製材工場への見学することです。この工場で、お客様は台湾林業産業遺産の歴史を楽しめます。
 
より多くの乗客を輸送するために、2020年10月から12月までの「林鉄と恋しよう」テーマ列車ツアーは、「10人以上のグループの予約プラン」で試用されます。ファックス(05-2762690)のご予約は、搭乗日の90日から30日までご利用いただけます。各グループチケットは40名までに制限されています。
 
阿里山林業鉄道のテーマ列車ツアーは、鉄道、生態学、人文科学、歴史に焦点を当てています。これはゆっくりとした旅行です。阿里山林業鉄道と文化資産管理処は誰も外に出て呼吸し、緊張をほぐし、森の静かな美しさを楽しむことができようと望みます。
 
テーマ列車ツアの詳しい情報については、こちら(関連するリンクの有効期限が切れています)をご確認してください。
 

写真

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
最終更新日時:2022-07-06
リストへ