標高:2216 m
道のり:71.6 km
住所:嘉義県阿里山鄉中正村阿里山1番

概要

現在の阿里山は阿里山森林鉄路の終点であり、阿里山支線の祝山線、眠月線、神木線の起点でもあります。 阿里山駅はもともと阿里山森林鉄路の第四分道で、1970年代には観光客が急増したため、沼坪地域の後背地が不足し、阿里山森林遊楽区を拡大するために1997年8月に開業しました。 まだ使用中の沼平旧駅と区別するために、当時は 「阿里山新駅」と命名されていました。1999年の九二一大地震で、新しい駅は危険な建物とみなされ、閉鎖が宣言され、この線の終点の駅は再び沼平駅に戻りました。 2003年後、沼本の運行上の負担を減らすために、林務局は直接阿里山車庫の隣に仮設駅を建設し、震災後に新しい場所を再建しました。 2007年9月、阿里山駅は正式に完成し、再開しました。

周辺スポット

阿里山サービスセンター、阿里山国家森林遊楽区、阿里山郵便局、阿里山遊歩道

  • 阿里山国家森林遊楽区

    阿里山国家森林遊楽区

バックナビガイドマップ
TOP