標高:2138 m
道のり:69.94 km
住所:嘉義県阿里山鄉香林村45番

概要

神記駅はもともと阿里山森林鉄路の第三分道でした。 もともとは鉄道の脇に樹齢3000年におよぶタイワンベニヒノキが林立っていたことで知られていましたが、この駅で降りて壮観な風景を垣間見ることができました。 しかし、この神武は最初は落雷を受けて、それでもなおその支持の上に立つことができていましたが、後で風と雨に襲われて倒れる危険にがあり、そこで林務局1997年7月1日に神木を倒し、現在が見ることができるのは、駅そばの神木の遺跡の一部だけです。

周辺スポット

阿里山國家林遊楽区、神怡流瀑、巨木群、慈雲寺、琴山河合博士旌功碑、樹霊塔、阿里山博物館、香林小学校、慈雲觀景、香林神木、三代木(桜並木)、櫻王、阿里山賓館、受鎮宮、香林サービスコーナー

バックナビガイドマップ
TOP