嘉義車庫パーク

嘉義車庫パークの日本時代旧名は「北門修理工場」であり、元の場所は1910年10月平地段開通したときの北門機関庫、鉄道の施工により、どんどん広がり、大正元年(1912年)正式的に使います。主な仕事は建造、修理阿里山鉄道の各機関車、客車、貨物列車、今までもう百年近くの歴史があります。阿里山森林鉄道が開通してから、修理工場はずっと修理の大本営なんです。機関車はアメリカから購入しましたが、当時北門修理工場は百、二百人くらい配置し、修理、改装、製造、色々できます。パーツが壊れたら、自分で作り、外ボイラー、蒸気エンジンも自分で生産します。阿里山ヒノキ車両も修理工場のクラシック傑作であり、沢山の珍しい退役火車も北門修理工場に保存されてます。民国82年8月23日、北門修理工場は大きい火事が起きて、木造の工場が全焼し、部分の古い列車も燃やされました。今修理工場の部分の建物が既に更新され、珍しい車両何本は車庫に保存されています。民国95年12月使用し始めた林産工芸品展示エリアはもう一つの木造駅のように、森林鉄道の隣にあります。市民がこの歴史意味溢れたの所を見学させるため、民国94年嘉義車庫パークに名前を変わりました。

基本情報

住所

嘉義市東区林森西路2番

メールアドレス
afrch@forest.gov.tw
管轄ユニット

林務局阿里山林業鉄道と文化遺産管理処

開館時間

公園は午前8時から午後6時までです。 オフィスエリアは一般公開されていません

標高

31 m

面積

4.47 ha

予約ガイド
いや
TOP