ガイドマップ

阿里山は現在、国際的な観光スポットになっています。日本統治時代は、太平山、八仙山と共に台湾三大林場と呼ばれていました。阿里山林場の豊富な檜木資源ゆえに阿里山森林鉄路が建設されてから、嘉義市北門を起点とし,木材売買があちこちで行われるようになって、嘉義市はかつてないほど繁栄して、当時は台湾の4大都市の1つに挙げられていました。詳細については、駅を選択してください:

嘉義駅
嘉義駅

嘉義駅

標高:30 m 道のり:0 km

從阿里山鉄道の視点から見たら、嘉義駅は阿里山森林鐵道が伸びた交流駅であり、縱貫線に繋がります。嘉義駅標高30メーター公尺,嘗ては台湾唯一台湾鉄道、砂糖鉄、林鉄が共用する鉄道駅であります。一番線で台湾鉄道1067mmと阿里山762mmの違う軌間が並ぶのを見えます。現在、一番線北側は阿里山行きの乗り場であります。

旧北門駅
旧北門駅

旧北門駅

標高:31 m 道のり:1.6 km

北門駅木造駅は阿里山鉄道の山登り方向右側にありまして、1910~1920年代に建てられと判断されます。阿里山紅ヒノキを建材として使われた典型的な日本式駅建築です。運が悪くて、民国87年5月16日大きな火事が起きたが、幸いな所は右側の40%しか燃やされませんでした。嘉義林区管理処は予算を作って元の建材「紅ヒノキ」修復し、同年11月7日完成しました。民国88年九二一大震災で一度壊れましたが、北門駅はまた予算を作って修復し、今の姿になります。

鹿麻產駅
鹿麻產駅

鹿麻產駅

標高:82 m 道のり:10.84 km

鹿麻產のもう一つの名前は「鹿滿」で嘉義から10.84キロを離れて、標高82メーターであり,駅構内は2つの軌道があります。鹿麻產嘗ては北門駅と竹崎駅の間の大きな駅で、駅所在地の村は大勢の人が集まり、商売繁盛でしたが、阿里山公路が開通してから衰微しまして。しかも民国71年11月から、列車が停車しなくなります。残った木造駅は誰も管理しなくて、何年間も荒れ放題でした。民国90年以後、鉄道文化と観光ブームに乗り、古い駅は重視され始まり、地元の人共同認識とサポートの上で、民国93年12月は古い模様に従い、修復し、昔の姿に戻りました。鹿麻產駅駅長宿舎は民国95年4月修復完成。

竹崎駅
竹崎駅

竹崎駅

標高:128 m 道のり:14.2 km

竹崎の旧名は「竹頭崎」で、嘉義から14.2キロメータ-を離れていて、標高128メーター、阿里山鉄道平地段の最後の駅であって、同時に山登り鉄道の起点であります。この駅は1910年に建てられ、民国41年に改築され、今の日本風姿になります。蒸気機関車の時代で、ここで水を入れて、石炭を加え、そして18トンの平地機関車を28トンの山登り機関車に変えて、このさきの山登りかうまく行くように。 竹崎駅のもう一つの特徴は「三角線」です。1912年開通初期、二万平と竹崎は別々登山線区の終点と起点で、三角線で機関車の向きを変えます。

木履寮駅
木履寮駅

木履寮駅

標高:324 m 道のり:18.9 km

木履寮のまたの名は下駄寮で、地名の由来は、昔地元の人が下駄の生産、加工、販売で名つけられました。嘉義の起点から18.9キロメーターを離れて、標高324メーターです。火車由竹崎站出發至此,才短短的4.7公里,但卻爬升近200公尺,站前坡度高達千分之50。民國70年降為招呼站,駅的木造站房已經拆除。

樟腦寮駅
樟腦寮駅

樟腦寮駅

標高:543 m 道のり:23.3 km

樟腦寮駅は嘉義から23.3キロメーターを離れて、標高543メーターです。この所は当時樟の木とカンフル剤を生産したので、名つけられました。日本時代は此地當時出產樟腦樹及樟腦油而得名,日治時期曾經是臺灣樟腦重要的輸出地點,如今僅剩下鐵道旁一排樟樹供旅遊者回味臺灣樟腦王國的盛況,此站視野展望良好,在站前附近由左至右可見独立山(840公尺),塘湖山(889公尺),金獅山(960公尺),大坑山(1025公尺)。 樟腦寮站為一折返式駅,火車在此必須向左方軌道後退,進入駅,因此駅軌道為一個×形的折返線。目前阿里山林業鐵路的折返駅有樟腦寮站及屏遮那站,也是臺灣最後的折返式駅。火車出發後以垂直方式原地爬升,也就是「螺旋式」的技術工法,是觀賞火車繞独立山三圈的路段。你可以在左方窗口看到樟腦寮駅兩次,在右方窗口看到一次。

独立山駅
独立山駅

独立山駅

標高:743 m 道のり:27.3 km

独立山駅は嘉義市から27.3 km、海抜743 mの場所に位置します。 列車が樟脳駅で開通した後、独立山を「らせん状」に登り、その道に沿って8つのトンネルを通り抜け、5番トンネルの入り口を通過後にラ展望台があり、足元には樟脳寮駅が見えます。 列車は6番トンネルに入って1周目を終えて2周目が始まり、8番トンネルに到達すると2回目のトンネルが完成するまで樟脳寮駅が再び見られ、9番トンネルに進むと第二圏が終わり、独立山駅に到達します。両側にはトンネルであり、片方は9番トンネルであり、もう片方が10番トンネルです。現在、独立山にはまた過去の蒸気機関車で使用された加水用の「水鶴」を保有し、山の壁は1997年に子供たちが描いた独立山の傑作であり、人気の観光名所です。 列車が12号トンネルを出ると、嘉義県から28.7kmの所にある標高800mに達し、熱帯林と暖かい林に分かれ、熱帯林、主な木はリュウガン、アカシア、キンマの実、柑橘類などです。 標高800メートルから1800mの広葉樹の樹種は暖帯林で、主な樹種には孟宗竹、高山茶園、アイユジ、杉、佛山、南武、無錫などの樹種があり、列車はこの場所を通り抜け、窓の外の景色はさらに広がります。 風に揺れる美しい竹の森、涼しい風で、乗客はさわやかな気持ちになれます。

梨園寮駅
梨園寮駅

梨園寮駅

標高:905 m 道のり:31.4 km

梨園寮駅は起点である嘉義から31.4km、海抜905mに位置しています。 過去には、梨園に梨が植えられていましたが、現時点では麻竹が主な特産品です。 ここの竹筍や土肉筍は、日本への輸出用に乾燥したたけのこに加工されることが多いです。 1985年後、梨園寮駅は無人駅に変更されました。

交力坪駅
交力坪駅

交力坪駅

標高:997 m 道のり:34.9 km

列車が梨園寮駅を抜けると、海抜800m以上の暖帯林に入ります。 現在では、孟宗竹はいたるところに生えておりあ、茶畑も丘の中腹に記並んでいます。梨園寮駅から交力坪駅まで、トンネルのない唯一の登山区間であは33m地点で、新世代および旧世代のセメントおよび鉄骨構造の進化を見ることができます。 海抜997m、走行距離34.9kmの交力坪駅は阿里山森林鉄路の中点で、昔は、阿里山森林鉄路の下り列車は午後3時13分に固定されていました。多くの観光客がバスを降りて記念撮影をします。 これはまだ北門、竹崎、奮起湖、二万平を除く道路の真ん中で動作している小さな駅であり、瑞里風景区への重要な駅でもあります。 駅の隣には3~4軒か古い雑貨店があります。

水社寮駅
水社寮駅

水社寮駅

標高:1186 m 道のり:40.5 km

交力坪駅から水社寮駅までの8つのトンネル通過しますが、現在では阿里山森林鉄路の2つの駅の間のトンネルの数が最も多い区間で、列車は四天王山周辺のㄇ字形をした16番から19番までのトンネルを通過し、20号と23号は2番目、3番目と4番目のピークを迂回します。 標高1186mに位置する水社寮駅は、篤鼻山と四天王山群ないに位置する小さな駅ですが、この駅で最も興味深いのは、線路が「Ω」字形になっており、列車がピットストップから出口まで行くことです。 それはちょうど180度で、二万平駅と共に阿里山森林鉄路の「Ω」字形の駅です。1990年代にはすでに水社寮駅は無人駅になっていましたが、最近では周囲のコウモリの洞窟の景観により、廃駅もコウモリ教育センターに転用されました。 水社寮駅は、火を組み合わせた台湾で最初のコウモリ生態教育解説駅なのです。 駅から出発して、杉林と竹林で覆われた周辺の有名な景勝地を歩きながら、素晴らしい景色を望めば、玉山、塔山、瑞里、奮起湖をを眺めることができます。南に行くと、石谷盤とも呼ばれる臥龍谷に行くと、渓谷の岩を洗い流して何十もの溝壑(こうがく)と洞窟を作り、その上から下の溝に集まり、小さな滝として次の溝に流れます。 水の上の龍のように2kmの長さでつながっている穴で、臥龍谷の美名を手にしました。

奮起湖駅
奮起湖駅

奮起湖駅

標高:1403 m 道のり:45.52 km

奮起湖駅の標高は海抜1403m、水社寮駅から5.02km離れており、駅間の距離は阿里山森林鉄路で2番目に長い駅です。 奮起湖駅は森林鉄路の中でも大きな駅の一つで、旧称は「蕪湖」で、光崙山の下の三角盆地にあり、山の三面にちなんで名付けられました。後に、同音異義語は奮起湖に改名されました。老街、弁当、四方竹もまた過去の特徴であり、今日ではきめ細やかなお土産スタイルを展開していますが、早い時期には列車の到着は正午近くで、空腹のため食事が必要でした。 これは有名な奮起湖弁当の起源でもあります。 奮起湖駅はもともと木造駅で、奮起湖老街の右側の入り口にあります。 この駅は新駅の利用開始後に奮起湖監工区に移転されました。 2004年に再建され、歴史的な駅の跡地は、元の様式に従って再建され、今日の木造の建物になりました。 奮起湖には美しい景色があり、、老子、鳳凰湖、弁当、四方珠、古道、滝、そして奇木怪石など、阿里山の中で最も有名な景勝地の一つです。

多林駅
多林駅

多林駅

標高:1516 m 道のり:50.68 km

多林の旧名は哆囉嘕(たろえん)で、大凍山麓に位置するツォウ族の小さな集落でした。 多林は嘉義市から50.68 km、海抜1516 mに位置しています。 駅自体は大きく右に曲がっており、そこから大凍山を振り返ることができます。 1985年、多林駅は無人駅になりました。

十字路駅
十字路駅

十字路駅

標高:1534 m 道のり:55 km

十字路駅は嘉義市街から55km、海抜1534mの、十字路山南側山麓の稜線上に位置しています。もともとは阿里山の古代道路への経由地であり、莱西と大巴、帝福の部族が集まる場所でもあります。 これが十字路の名前の由来です。 現在はこの名前がより適切であり、ここも阿里山街道と阿里山鉄道に最も近い場所であることがわかります。駅で下車して、右側の階段を降りると阿里山街道です。

屏遮那駅
屏遮那駅

屏遮那駅

標高:1711 m 道のり:60.18 km

十字路から、さらに前に進むと屏遮那駅です。 嘉義市街から60.18km、海抜1711mの地点に位置しています。屏遮那駅は折り返し駅で、有名なZ型鉄道(スイッチバック)で山を登っていきます。 同時に、それはまた暖帯と温帯の森林の境界です。 列車が雲の中に入っただけでなく、スイッチバックで登っていきます。

二萬平駅
二萬平駅

二萬平駅

標高:2000 m 道のり:67.16 km

列車を二万平駅まで進むと、ちょうど海抜2000m、地形が広いことを意味する二万平に到達します。 1912年に阿里山林業鉄ろが開通した当時、二万平駅は阿里山森林鉄路の終点となっていましたが、当時は車両の配車と操縦用の三角線があり、ガレージが設置されていました。 その後、1914年に、沼平駅まで延長され、二万平駅が徐々に元のターミナル駅としての機能を失いました。 現在は阿里山青少年活動センターの所在地です。 電車は休暇中やシャトルバスが追加されたときにここで停車します。 登山方向の右側の正面には、写真を撮るために多くの観光客を魅了する塔山の雄大な山の壁が見えます。 夕暮れ時の塔山の夕焼けと晩霞、雲海で有名な観光スポットです。

神木駅
神木駅

神木駅

標高:2138 m 道のり:69.94 km

神記駅はもともと阿里山森林鉄路の第三分道でした。 もともとは鉄道の脇に樹齢3000年におよぶタイワンベニヒノキが林立っていたことで知られていましたが、この駅で降りて壮観な風景を垣間見ることができました。 しかし、この神武は最初は落雷を受けて、それでもなおその支持の上に立つことができていましたが、後で風と雨に襲われて倒れる危険にがあり、そこで林務局1997年7月1日に神木を倒し、現在が見ることができるのは、駅そばの神木の遺跡の一部だけです。

阿里山駅
阿里山駅

阿里山駅

標高:2216 m 道のり:71.6 km

現在の阿里山は阿里山森林鉄路の終点であり、阿里山支線の祝山線、眠月線、神木線の起点でもあります。 阿里山駅はもともと阿里山森林鉄路の第四分道で、1970年代には観光客が急増したため、沼坪地域の後背地が不足し、阿里山森林遊楽区を拡大するために1997年8月に開業しました。 まだ使用中の沼平旧駅と区別するために、当時は 「阿里山新駅」と命名されていました。1999年の九二一大地震で、新しい駅は危険な建物とみなされ、閉鎖が宣言され、この線の終点の駅は再び沼平駅に戻りました。 2003年後、沼本の運行上の負担を減らすために、林務局は直接阿里山車庫の隣に仮設駅を建設し、震災後に新しい場所を再建しました。 2007年9月、阿里山駅は正式に完成し、再開しました。

沼平駅
沼平駅

沼平駅

標高:2274 m アリサン駅まで1.3km

沼平駅は阿里山の旧駅舎で、1914年に建設され、大正3月14日に正式に運行開始しました。元々は阿里山森林鉄登山線の終点でした。 2013年4月21日に新しい駅舎が正式にオープンしました。沼平駅の復興工事は、日本人建築家の五十嵐信夫氏よって建てられ、1階は部分的にRC構造で、2階は高層木造で、建物全体は完全に釘なしで接合され、日本の木造技術が導入されました。 レトロな和風の鉄道に、木質建材の利点と近代的な木造技術の開発の可能性が現れていました。沼平駅は運輸機能に加えて、芸術的要素が結びついて先住民の人文科学および他の多様性をも組み合わせて乗客は鉄道芸術を鑑賞することができます。 さらに、水資源のリサイクル、自然光の導入、ヌマピン公園や周辺の地形との統合など、環境に優しい建設方法も導入して、建物の外観を開放性と密接さで完全に表現しています。この設計は、2006年9月に「2006日本建築学会構造設計部門最優秀賞」を受賞しました。

祝山駅
祝山駅

祝山駅

標高:2451 m アリサン駅まで6.25km

1986年1月13日、阿里山林業鉄道珠山線が開通し、祝山駅が海抜2451mの終着駅となりました。祝山は阿里山遊楽区で日の出を楽しむのに最適な場所で、林務局が1984年祝山線を修復して観光列車として活用しました。祝山線は、台湾人によって建設された最初の山岳鉄道で、全長6.25km、海抜2000m以上の高さにあり、雲や海があり、天気も良く、景色も美しいです。 海抜2541mは、鉄道の最高地点です。祝山日出奇景は国内外で好評を得ており、阿里山に登った人は必ず祝山も鑑賞していました。最初は細長い道しかありませんでしたが早朝には観光客が散歩道を歩いていました。これを考慮して、林務局は1970年代で祝山専用林道を開設し、中型車で乗客を運べるように祝山客運を設立しました。しかし、阿里山公路の開通以来、観光客の数は急激に増加し、林務局は観光客の快適さと安全のために、この問題を改善すべく、1984年5月30日に全長6.25kmの祝山鉄路を開通しました。阿里山新駅から始まって、十字分道は高岳から竹山につながっており、標高は2216メートルから2451メートルで、途中で雲と海があり、天気は何万通りも存在します。これは台湾人が自ら建設した登山鉄道は、日の出を見るために観光客が山を訪れるために特別に設計されています。

対高岳駅
対高岳駅

対高岳駅

標高:2405 m アリサン駅まで4.9km

祝山線が対高岳を通過しており、ここにはプラットホームと車の線路も設置されており、プラットホーム側の展望台は広く、後背地は広く、日の出を楽しむのに良い場所です。 対高岳の森林遊歩道、特に木の板、高山植物、カエデの葉、桜、雲海の滝、冬の雪景色は、対高岳駅の知られざる特徴です。 1986年、舟山線が開通し、かつては停止しました。2017年にはクルージング列車の停車場になりました。

 
嘉義駅

嘉義駅

標高:30 m 道のり:0 km

從阿里山鉄道の視点から見たら、嘉義駅は阿里山森林鐵道が伸びた交流駅であり、縱貫線に繋がります。嘉義駅標高30メーター公尺,嘗ては台湾唯一台湾鉄道、砂糖鉄、林鉄が共用する鉄道駅であります。一番線で台湾鉄道1067mmと阿里山762mmの違う軌間が並ぶのを見えます。現在、一番線北側は阿里山行きの乗り場であります。

更多內容
旧北門駅

旧北門駅

標高:31 m 道のり:1.6 km

北門駅木造駅は阿里山鉄道の山登り方向右側にありまして、1910~1920年代に建てられと判断されます。阿里山紅ヒノキを建材として使われた典型的な日本式駅建築です。運が悪くて、民国87年5月16日大きな火事が起きたが、幸いな所は右側の40%しか燃やされませんでした。嘉義林区管理処は予算を作って元の建材「紅ヒノキ」修復し、同年11月7日完成しました。民国88年九二一大震災で一度壊れましたが、北門駅はまた予算を作って修復し、今の姿になります。

更多內容
鹿麻產駅

鹿麻產駅

標高:82 m 道のり:10.84 km

鹿麻產のもう一つの名前は「鹿滿」で嘉義から10.84キロを離れて、標高82メーターであり,駅構内は2つの軌道があります。鹿麻產嘗ては北門駅と竹崎駅の間の大きな駅で、駅所在地の村は大勢の人が集まり、商売繁盛でしたが、阿里山公路が開通してから衰微しまして。しかも民国71年11月から、列車が停車しなくなります。残った木造駅は誰も管理しなくて、何年間も荒れ放題でした。民国90年以後、鉄道文化と観光ブームに乗り、古い駅は重視され始まり、地元の人共同認識とサポートの上で、民国93年12月は古い模様に従い、修復し、昔の姿に戻りました。鹿麻產駅駅長宿舎は民国95年4月修復完成。

更多內容
竹崎駅

竹崎駅

標高:128 m 道のり:14.2 km

竹崎の旧名は「竹頭崎」で、嘉義から14.2キロメータ-を離れていて、標高128メーター、阿里山鉄道平地段の最後の駅であって、同時に山登り鉄道の起点であります。この駅は1910年に建てられ、民国41年に改築され、今の日本風姿になります。蒸気機関車の時代で、ここで水を入れて、石炭を加え、そして18トンの平地機関車を28トンの山登り機関車に変えて、このさきの山登りかうまく行くように。 竹崎駅のもう一つの特徴は「三角線」です。1912年開通初期、二万平と竹崎は別々登山線区の終点と起点で、三角線で機関車の向きを変えます。

更多內容
木履寮駅

木履寮駅

標高:324 m 道のり:18.9 km

木履寮のまたの名は下駄寮で、地名の由来は、昔地元の人が下駄の生産、加工、販売で名つけられました。嘉義の起点から18.9キロメーターを離れて、標高324メーターです。火車由竹崎站出發至此,才短短的4.7公里,但卻爬升近200公尺,站前坡度高達千分之50。民國70年降為招呼站,駅的木造站房已經拆除。

更多內容
樟腦寮駅

樟腦寮駅

標高:543 m 道のり:23.3 km

樟腦寮駅は嘉義から23.3キロメーターを離れて、標高543メーターです。この所は当時樟の木とカンフル剤を生産したので、名つけられました。日本時代は此地當時出產樟腦樹及樟腦油而得名,日治時期曾經是臺灣樟腦重要的輸出地點,如今僅剩下鐵道旁一排樟樹供旅遊者回味臺灣樟腦王國的盛況,此站視野展望良好,在站前附近由左至右可見独立山(840公尺),塘湖山(889公尺),金獅山(960公尺),大坑山(1025公尺)。 樟腦寮站為一折返式駅,火車在此必須向左方軌道後退,進入駅,因此駅軌道為一個×形的折返線。目前阿里山林業鐵路的折返駅有樟腦寮站及屏遮那站,也是臺灣最後的折返式駅。火車出發後以垂直方式原地爬升,也就是「螺旋式」的技術工法,是觀賞火車繞独立山三圈的路段。你可以在左方窗口看到樟腦寮駅兩次,在右方窗口看到一次。

更多內容
独立山駅

独立山駅

標高:743 m 道のり:27.3 km

独立山駅は嘉義市から27.3 km、海抜743 mの場所に位置します。 列車が樟脳駅で開通した後、独立山を「らせん状」に登り、その道に沿って8つのトンネルを通り抜け、5番トンネルの入り口を通過後にラ展望台があり、足元には樟脳寮駅が見えます。 列車は6番トンネルに入って1周目を終えて2周目が始まり、8番トンネルに到達すると2回目のトンネルが完成するまで樟脳寮駅が再び見られ、9番トンネルに進むと第二圏が終わり、独立山駅に到達します。両側にはトンネルであり、片方は9番トンネルであり、もう片方が10番トンネルです。現在、独立山にはまた過去の蒸気機関車で使用された加水用の「水鶴」を保有し、山の壁は1997年に子供たちが描いた独立山の傑作であり、人気の観光名所です。 列車が12号トンネルを出ると、嘉義県から28.7kmの所にある標高800mに達し、熱帯林と暖かい林に分かれ、熱帯林、主な木はリュウガン、アカシア、キンマの実、柑橘類などです。 標高800メートルから1800mの広葉樹の樹種は暖帯林で、主な樹種には孟宗竹、高山茶園、アイユジ、杉、佛山、南武、無錫などの樹種があり、列車はこの場所を通り抜け、窓の外の景色はさらに広がります。 風に揺れる美しい竹の森、涼しい風で、乗客はさわやかな気持ちになれます。

更多內容
梨園寮駅

梨園寮駅

標高:905 m 道のり:31.4 km

梨園寮駅は起点である嘉義から31.4km、海抜905mに位置しています。 過去には、梨園に梨が植えられていましたが、現時点では麻竹が主な特産品です。 ここの竹筍や土肉筍は、日本への輸出用に乾燥したたけのこに加工されることが多いです。 1985年後、梨園寮駅は無人駅に変更されました。

更多內容
交力坪駅

交力坪駅

標高:997 m 道のり:34.9 km

列車が梨園寮駅を抜けると、海抜800m以上の暖帯林に入ります。 現在では、孟宗竹はいたるところに生えておりあ、茶畑も丘の中腹に記並んでいます。梨園寮駅から交力坪駅まで、トンネルのない唯一の登山区間であは33m地点で、新世代および旧世代のセメントおよび鉄骨構造の進化を見ることができます。 海抜997m、走行距離34.9kmの交力坪駅は阿里山森林鉄路の中点で、昔は、阿里山森林鉄路の下り列車は午後3時13分に固定されていました。多くの観光客がバスを降りて記念撮影をします。 これはまだ北門、竹崎、奮起湖、二万平を除く道路の真ん中で動作している小さな駅であり、瑞里風景区への重要な駅でもあります。 駅の隣には3~4軒か古い雑貨店があります。

更多內容
水社寮駅

水社寮駅

標高:1186 m 道のり:40.5 km

交力坪駅から水社寮駅までの8つのトンネル通過しますが、現在では阿里山森林鉄路の2つの駅の間のトンネルの数が最も多い区間で、列車は四天王山周辺のㄇ字形をした16番から19番までのトンネルを通過し、20号と23号は2番目、3番目と4番目のピークを迂回します。 標高1186mに位置する水社寮駅は、篤鼻山と四天王山群ないに位置する小さな駅ですが、この駅で最も興味深いのは、線路が「Ω」字形になっており、列車がピットストップから出口まで行くことです。 それはちょうど180度で、二万平駅と共に阿里山森林鉄路の「Ω」字形の駅です。1990年代にはすでに水社寮駅は無人駅になっていましたが、最近では周囲のコウモリの洞窟の景観により、廃駅もコウモリ教育センターに転用されました。 水社寮駅は、火を組み合わせた台湾で最初のコウモリ生態教育解説駅なのです。 駅から出発して、杉林と竹林で覆われた周辺の有名な景勝地を歩きながら、素晴らしい景色を望めば、玉山、塔山、瑞里、奮起湖をを眺めることができます。南に行くと、石谷盤とも呼ばれる臥龍谷に行くと、渓谷の岩を洗い流して何十もの溝壑(こうがく)と洞窟を作り、その上から下の溝に集まり、小さな滝として次の溝に流れます。 水の上の龍のように2kmの長さでつながっている穴で、臥龍谷の美名を手にしました。

更多內容
奮起湖駅

奮起湖駅

標高:1403 m 道のり:45.52 km

奮起湖駅の標高は海抜1403m、水社寮駅から5.02km離れており、駅間の距離は阿里山森林鉄路で2番目に長い駅です。 奮起湖駅は森林鉄路の中でも大きな駅の一つで、旧称は「蕪湖」で、光崙山の下の三角盆地にあり、山の三面にちなんで名付けられました。後に、同音異義語は奮起湖に改名されました。老街、弁当、四方竹もまた過去の特徴であり、今日ではきめ細やかなお土産スタイルを展開していますが、早い時期には列車の到着は正午近くで、空腹のため食事が必要でした。 これは有名な奮起湖弁当の起源でもあります。 奮起湖駅はもともと木造駅で、奮起湖老街の右側の入り口にあります。 この駅は新駅の利用開始後に奮起湖監工区に移転されました。 2004年に再建され、歴史的な駅の跡地は、元の様式に従って再建され、今日の木造の建物になりました。 奮起湖には美しい景色があり、、老子、鳳凰湖、弁当、四方珠、古道、滝、そして奇木怪石など、阿里山の中で最も有名な景勝地の一つです。

更多內容
多林駅

多林駅

標高:1516 m 道のり:50.68 km

多林の旧名は哆囉嘕(たろえん)で、大凍山麓に位置するツォウ族の小さな集落でした。 多林は嘉義市から50.68 km、海抜1516 mに位置しています。 駅自体は大きく右に曲がっており、そこから大凍山を振り返ることができます。 1985年、多林駅は無人駅になりました。

更多內容
十字路駅

十字路駅

標高:1534 m 道のり:55 km

十字路駅は嘉義市街から55km、海抜1534mの、十字路山南側山麓の稜線上に位置しています。もともとは阿里山の古代道路への経由地であり、莱西と大巴、帝福の部族が集まる場所でもあります。 これが十字路の名前の由来です。 現在はこの名前がより適切であり、ここも阿里山街道と阿里山鉄道に最も近い場所であることがわかります。駅で下車して、右側の階段を降りると阿里山街道です。

更多內容
屏遮那駅

屏遮那駅

標高:1711 m 道のり:60.18 km

十字路から、さらに前に進むと屏遮那駅です。 嘉義市街から60.18km、海抜1711mの地点に位置しています。屏遮那駅は折り返し駅で、有名なZ型鉄道(スイッチバック)で山を登っていきます。 同時に、それはまた暖帯と温帯の森林の境界です。 列車が雲の中に入っただけでなく、スイッチバックで登っていきます。

更多內容
二萬平駅

二萬平駅

標高:2000 m 道のり:67.16 km

列車を二万平駅まで進むと、ちょうど海抜2000m、地形が広いことを意味する二万平に到達します。 1912年に阿里山林業鉄ろが開通した当時、二万平駅は阿里山森林鉄路の終点となっていましたが、当時は車両の配車と操縦用の三角線があり、ガレージが設置されていました。 その後、1914年に、沼平駅まで延長され、二万平駅が徐々に元のターミナル駅としての機能を失いました。 現在は阿里山青少年活動センターの所在地です。 電車は休暇中やシャトルバスが追加されたときにここで停車します。 登山方向の右側の正面には、写真を撮るために多くの観光客を魅了する塔山の雄大な山の壁が見えます。 夕暮れ時の塔山の夕焼けと晩霞、雲海で有名な観光スポットです。

更多內容
神木駅

神木駅

標高:2138 m 道のり:69.94 km

神記駅はもともと阿里山森林鉄路の第三分道でした。 もともとは鉄道の脇に樹齢3000年におよぶタイワンベニヒノキが林立っていたことで知られていましたが、この駅で降りて壮観な風景を垣間見ることができました。 しかし、この神武は最初は落雷を受けて、それでもなおその支持の上に立つことができていましたが、後で風と雨に襲われて倒れる危険にがあり、そこで林務局1997年7月1日に神木を倒し、現在が見ることができるのは、駅そばの神木の遺跡の一部だけです。

更多內容
阿里山駅

阿里山駅

標高:2216 m 道のり:71.6 km

現在の阿里山は阿里山森林鉄路の終点であり、阿里山支線の祝山線、眠月線、神木線の起点でもあります。 阿里山駅はもともと阿里山森林鉄路の第四分道で、1970年代には観光客が急増したため、沼坪地域の後背地が不足し、阿里山森林遊楽区を拡大するために1997年8月に開業しました。 まだ使用中の沼平旧駅と区別するために、当時は 「阿里山新駅」と命名されていました。1999年の九二一大地震で、新しい駅は危険な建物とみなされ、閉鎖が宣言され、この線の終点の駅は再び沼平駅に戻りました。 2003年後、沼本の運行上の負担を減らすために、林務局は直接阿里山車庫の隣に仮設駅を建設し、震災後に新しい場所を再建しました。 2007年9月、阿里山駅は正式に完成し、再開しました。

更多內容
沼平駅

沼平駅

標高:2274 m 道のり:72.7 km

沼平駅は阿里山の旧駅舎で、1914年に建設され、大正3月14日に正式に運行開始しました。元々は阿里山森林鉄登山線の終点でした。 2013年4月21日に新しい駅舎が正式にオープンしました。沼平駅の復興工事は、日本人建築家の五十嵐信夫氏よって建てられ、1階は部分的にRC構造で、2階は高層木造で、建物全体は完全に釘なしで接合され、日本の木造技術が導入されました。 レトロな和風の鉄道に、木質建材の利点と近代的な木造技術の開発の可能性が現れていました。沼平駅は運輸機能に加えて、芸術的要素が結びついて先住民の人文科学および他の多様性をも組み合わせて乗客は鉄道芸術を鑑賞することができます。 さらに、水資源のリサイクル、自然光の導入、ヌマピン公園や周辺の地形との統合など、環境に優しい建設方法も導入して、建物の外観を開放性と密接さで完全に表現しています。この設計は、2006年9月に「2006日本建築学会構造設計部門最優秀賞」を受賞しました。

更多內容
対高岳駅

対高岳駅

標高:2405 m アリサン駅まで4.9km

祝山線が対高岳を通過しており、ここにはプラットホームと車の線路も設置されており、プラットホーム側の展望台は広く、後背地は広く、日の出を楽しむのに良い場所です。 対高岳の森林遊歩道、特に木の板、高山植物、カエデの葉、桜、雲海の滝、冬の雪景色は、対高岳駅の知られざる特徴です。 1986年、舟山線が開通し、かつては停止しました。2017年にはクルージング列車の停車場になりました。

更多內容
祝山駅

祝山駅

標高:2451 m アリサン駅まで6.25km

1986年1月13日、阿里山林業鉄道珠山線が開通し、祝山駅が海抜2451mの終着駅となりました。祝山は阿里山遊楽区で日の出を楽しむのに最適な場所で、林務局が1984年祝山線を修復して観光列車として活用しました。祝山線は、台湾人によって建設された最初の山岳鉄道で、全長6.25km、海抜2000m以上の高さにあり、雲や海があり、天気も良く、景色も美しいです。 海抜2541mは、鉄道の最高地点です。祝山日出奇景は国内外で好評を得ており、阿里山に登った人は必ず祝山も鑑賞していました。最初は細長い道しかありませんでしたが早朝には観光客が散歩道を歩いていました。これを考慮して、林務局は1970年代で祝山専用林道を開設し、中型車で乗客を運べるように祝山客運を設立しました。しかし、阿里山公路の開通以来、観光客の数は急激に増加し、林務局は観光客の快適さと安全のために、この問題を改善すべく、1984年5月30日に全長6.25kmの祝山鉄路を開通しました。阿里山新駅から始まって、十字分道は高岳から竹山につながっており、標高は2216メートルから2451メートルで、途中で雲と海があり、天気は何万通りも存在します。これは台湾人が自ら建設した登山鉄道は、日の出を見るために観光客が山を訪れるために特別に設計されています。

更多內容
TOP