標高:2451 m
道のり:77.55 km
住所:南投県信義鄉神木村神木巷47番

概要

1986年1月13日、阿里山林業鉄道珠山線が開通し、祝山駅が海抜2451mの終着駅となりました。祝山は阿里山遊楽区で日の出を楽しむのに最適な場所で、林務局が1984年祝山線を修復して観光列車として活用しました。祝山線は、台湾人によって建設された最初の山岳鉄道で、全長6.25km、海抜2000m以上の高さにあり、雲や海があり、天気も良く、景色も美しいです。 海抜2541mは、鉄道の最高地点です。祝山日出奇景は国内外で好評を得ており、阿里山に登った人は必ず祝山も鑑賞していました。最初は細長い道しかありませんでしたが早朝には観光客が散歩道を歩いていました。これを考慮して、林務局は1970年代で祝山専用林道を開設し、中型車で乗客を運べるように祝山客運を設立しました。しかし、阿里山公路の開通以来、観光客の数は急激に増加し、林務局は観光客の快適さと安全のために、この問題を改善すべく、1984年5月30日に全長6.25kmの祝山鉄路を開通しました。阿里山新駅から始まって、十字分道は高岳から竹山につながっており、標高は2216メートルから2451メートルで、途中で雲と海があり、天気は何万通りも存在します。これは台湾人が自ら建設した登山鉄道は、日の出を見るために観光客が山を訪れるために特別に設計されています。

周辺スポット

祝山観日平台、小笠原山展望台

バックナビガイドマップ
TOP