標高:2000 m
道のり:67.16 km
住所:嘉義県阿里山鄉香林村二万平106番そば

概要

列車を二万平駅まで進むと、ちょうど海抜2000m、地形が広いことを意味する二万平に到達します。 1912年に阿里山林業鉄ろが開通した当時、二万平駅は阿里山森林鉄路の終点となっていましたが、当時は車両の配車と操縦用の三角線があり、ガレージが設置されていました。 その後、1914年に、沼平駅まで延長され、二万平駅が徐々に元のターミナル駅としての機能を失いました。
現在は阿里山青少年活動センターの所在地です。特発列車が運行する時にここで泊まります。登山方向の右側の正面には、写真を撮るために多くの観光客を魅了する塔山の雄大な山の壁が見えます。 夕暮れ時の塔山の夕焼けと晩霞、雲海で有名な観光スポットです。

周辺スポット

第二分道、第一分道、塔山の夕焼け

バックナビガイドマップ
TOP