標高:543 m
道のり:23.3 km
住所:嘉義県竹崎鄉緞繻村樟脳寮37-1番

概要

樟腦寮駅は嘉義から23.3キロメーターを離れて、標高543メーターです。この所は当時クスノキとカンフル剤を生産したので、名つけられました。日本統治時代に台湾のクスノキにとって重要な輸出地でしたが、現在、観光客が台湾のクスノキ王国の壮大さを追体験するために、鉄道の隣にはクスノキの列だけが残されています。駅前の左手には、独立山(840メートル)、塘湖山(889メートル)、金獅山(960メートル)、大坑山(1025メートル)があります。

樟腦寮駅は、折り返し駅です。駅に入るには、列車が左側の線路に後退する必要があるため、駅の線路はX型の折れ線になります。 現在、阿里山林業鉄道の折り返し駅には、樟脳寮駅と屏遮那駅があり、これらは台湾で最後の折り返し駅でもあります。 列車が出発した後、垂直に所定の位置に登ります。つまり、「スパイラル」という技術工法であることです。独立山を3回周回する列車を見える区間です。樟腦寮駅が左側の窓に2回、右側の窓に1回見えます。

周辺スポット

独立山古道(独立山遊步道)、樟脳寮吊り橋、紅南坑古道、塘湖古道

バックナビガイドマップ
TOP