標高:128 m
道のり:14.2 km
住所:嘉義県竹崎鄉竹崎村舊駅11番

概要

竹崎の旧名は「竹頭崎」で、嘉義から14.2キロメータ-を離れていて、標高128メーター、阿里山鉄道平地段の最後の駅であって、同時に山登り鉄道の起点であります。この駅は1910年に建てられ、民国41年に改築され、今の日本風姿になります。蒸気機関車の時代で、ここで水を入れて、石炭を加え、そして18トンの平地機関車を28トンの山登り機関車に変えて、このさきの山登りかうまく行くように。
竹崎駅のもう一つの特徴は「三角線」です。1912年開通初期、二万平と竹崎は別々登山線区の終点と起点で、三角線で機関車の向きを変えます。

周辺スポット

竹崎親水公園、竹崎公園空廊下與花仙子步道、行千吊り橋、弘景橋、阿里山林業鐵道牛稠溪橋(13號橋)、竹崎真武廟、田寮

バックナビガイドマップ
TOP