標高:31 m
道のり:1.6 km
住所:嘉義市共和路428番

概要

北門駅木造駅は阿里山鉄道の山登り方向右側にありまして、1910~1920年代に建てられと判断されます。阿里山紅ヒノキを建材として使われた典型的な日本式駅建築です。運が悪くて、民国87年5月16日大きな火事が起きたが、幸いな所は右側の40%しか燃やされませんでした。嘉義林区管理処は予算を作って元の建材「紅ヒノキ」修復し、同年11月7日完成しました。民国88年九二一大震災で一度壊れましたが、北門駅はまた予算を作って修復し、今の姿になります。

周辺スポット

ヒノキビレッジ、車庫パーク、製材所、林業村、森林の歌、嘉義獄政博物館(国古跡嘉義旧刑務所)

バックナビガイドマップ
TOP