標高:2274 m
道のり:72.7 km
住所:嘉義県阿里山鄉香林村17番

概要

沼平駅は阿里山の旧駅舎で、1914年に建設され、大正3月14日に正式に運行開始しました。元々は阿里山森林鉄登山線の終点でした。 2013年4月21日に新しい駅舎が正式にオープンしました。沼平駅の復興工事は、日本人建築家の五十嵐信夫氏よって建てられ、1階は部分的にRC構造で、2階は高層木造で、建物全体は完全に釘なしで接合され、日本の木造技術が導入されました。 レトロな和風の鉄道に、木質建材の利点と近代的な木造技術の開発の可能性が現れていました。沼平駅は運輸機能に加えて、芸術的要素が結びついて先住民の人文科学および他の多様性をも組み合わせて乗客は鉄道芸術を鑑賞することができます。 さらに、水資源のリサイクル、自然光の導入、ヌマピン公園や周辺の地形との統合など、環境に優しい建設方法も導入して、建物の外観を開放性と密接さで完全に表現しています。この設計は、2006年9月に「2006日本建築学会構造設計部門最優秀賞」を受賞しました。

周辺スポット

阿里山詩路(詩詞步道)、天空步道、桜並木、阿里山生態教育館、臺灣一葉蘭生態博物館、沼平祝山観日步道、水山步道(警光山荘沿いの旧鉄道)、阿里山林務局招待所、妹潭、姉潭、三兄弟、四姊妹、姉妹潭、金豬報喜、永結同心、塔山遊歩道、木蘭園

  • 阿里山生態教育館

    阿里山生態教育館

  • 沼平祝山観日步道

    沼平祝山観日步道

バックナビガイドマップ
TOP