檜意森活村とは

林務局の嘉義林区管理処は、「公共建設投資の経済拡大の活性化」計画を実施し、2009年2月26日に行政院が承認後、積極的に工事を進めて、2013年に4年間の改装を経て完成しました。また、委託運営管理先の誘致を振興しました。農業委員会は、嘉義市の都市再生プロジェクトと共同で、貴重な林業用歴史的資産の保存と活性化を促進し、嘉義市の新たなランドマークを作り、市全体の発展を促進しました。これは、農業評議会と嘉義市政府との提携の結果であり、それはまた中央政府と地方政府の間のパートナーシップのモデルでもあります。

2013年9月28日に、「嘉義市檜意森活村の事業譲渡案」の調印式が終了し、民間企業の「檜意森活村股份有限公司」が経営管理を引き受けました。委託契約内の規定では60%を本業とし、すなわち、それは林業文化の展示および地元の専門産業における販売促進として使用されなければならず、残りは飲食関連の付帯事業であり、40%を超えることはできません。本村は、「林業文化—環境教育—工芸設計—文化創造—生活創意」などの要素が融合し、「森林文化創造」をテーマとして、ショップ設立、イベント展示会、グッズ製作、工芸品、農産物、企業ブランド、コーヒー、ケータリングなど、さまざまなテーマ別ブロックを企画し、2014年1月にオープンしました。

  • アイスショップ

    アイスショップ

  • 祈りの神社

    祈りの神社

  1. 1914年に次々建設が始まり、建設期間は約30年に及びました。建材には、タイワンベニヒノキとフクシュウスギを主に使用しました。合計3.4ヘクタールを占め、そのうち、林森東路の北側の農産物エリアは0.4ヘクタール、林森東路の南側は3ヘクタールで、内部には市定史跡(営林倶楽部)1棟と30棟の歴史的建造物が建てられています。
  2. 檜意森活村のプロジェクトは2009年から建物の修復を分けて実施し、「元の材料と工法」を基本として修復を完成しました。建物の外観は阿里山林業文化の重要な記録である和風木造平屋建築で構成されています。かわら1枚レンガ1個が、林業従事者の100年にもわたる生活の歴史の姿を現しています。
檜意森活村の地図

交通アクセス

1. 公共交通機関

  • 列車やバスをご乗車の方は、嘉義駅前でお降りになり、駅前でスクーターをレンタルしたら5分で到着します。
  • 高鉄(新幹線)をご乗車の方は高鉄嘉義駅でBRTへお乗り換えのうえ、嘉義後駅でお降りになり、バス(市区六路)で20分ほどで到着します。 檜意森活村を経由するバスは以下のとおりです。:市区6線、7304、7323、7309A、7309B、7312、7315、7321、7319、7316、7305、7313,以下のリンクからくわしい時刻表をご覧になれます。
    バス情報リンク

2.自家用車

  • 国道(高速道路)1号 → 嘉義インターチェンジで下車 → 嘉義方向へ → 北港路(県道159) → 博愛路(台1線)を左折 → 愛路橋(陸橋)を通過 → 忠孝路を右 → 林森東路を直行 → 檜意森活村
  • 国道(高速道路)3号 → 竹崎インターチェンジで下車 → 嘉義方向へ → 林森東路 → 忠孝路交差点まで直行 → 檜意森活村

3.駐車場情報

  • 市政府駐車場
    場所1:嘉義市立文化センター後方(大型バス、小型自動車、スクーター駐車可能)
    場所2:忠孝路を中山路前まで進むと市政府に到達(スクーター駐車可能)
  • 長虹駐車場(大型バス、小型自動車駐車可能)
    国道1号民雄方向からお越しの方は檜意森活村-年輪広場の近くにお停めになることをお勧めします。同乗者が下車後、お車は維新路で左折し、カルフールで左折後、檜意森活村の長虹特約駐車場までお進みください。
    料金発生基準:大型バス特約駐車場は、最初の1時間は無料となります。チップコイン型駐車券を一心二葉館(農精館)へお持ちになり、処理してください。小型乗用車は料金をお支払いいただきます。
  • 文化センター駐車場
    嘉義市立文化センター後方

4.檜意森活村運営会社のリンク

檜意森活村股份有限公司公式ウェブサイト

基本情報

住所

嘉義市東区林森東路1番

メールアドレス
afrch@forest.gov.tw
管轄ユニット

林務局阿里山林業鉄路と文化遺産管理処

開館時間

屋外スペース:終日営業。 屋内パビリオン:10:00-18:00

標高

31 m

面積

3.4 ha

予約ガイド
公園に入る14日前に予約してください。
TOP